なぜフィリピン留学?
フィルジャと一緒に
フィリピン留学!!
留学準備のノウハウ
地域選択のノウハウ
語学学校選択の
ノウハウ
フィリピン留学を成功
させるためのノウハウ
フィリピン生活の
ノウハウ
よくある質問
 
夜のオプションクラス☆
明日からフィリピンは4連休です 9月から始ま...
フィルジャと一緒なら
フィリピン留学準備が
1週間で終わる!!
フィルジャラウンジ
ラウンジの全て五感満足
プレミアムラウンジ
フィルジャポイント200%活用法
 
フィリピン留学を成功させるためのノウハウ

本格的なフィリピン留学生活がスタート
留学を成功させるためには、どのような英語勉強をすればいいのでしょうか?
出発前にはどんな英語勉強をしておくべきでしょうか?
さらに、TOEICのスコアをあげる方法など!
フィルジャからフィリピン留学を成功させるためのノウハウをご紹介いたします。

1. フィリピン留学に出発する前にどういう準備学習をしておくか

フィリピンへの出発前にどういった英語勉強をしておけば効果的なのか。
結論からいってどのようなかたちであれ準備予習をしておくこと自体がもっとも大切なことです。


もちろんフィリピンへの語学留学だけではなくどのような国に語学留学に行ったとしてもこれは同様なことです。
出発前の英語力は語学留学の結果に大きな影響を与えるからです。

フィリピンに語学留学に行く人はだいたい下のようなタイプの方です。

・学校を卒業してから英語の勉強を全くして来ず、現在の実力も初級だ。
・学生の時の英語の点数は悪くはなかったけれど現在の英語力がどれほどなのか自分でもわからない。
・英会話学校にずっと通ってはいるがそんなに目に見えるほど成果がでていない。
・TOEICのスコアは700点から800点台だか実際に英語で会話することは難しい。

一番最初に始めることは文法の本を買うということです。
日本の英語教育の場合、文法に重点を置いているため会話力が伸びないといわれています。
しかし、やはり文法という基礎を固めてこそ短期間で英語力を向上させることができるのです。
言葉を少しずつ覚えていく子どもとは英語の身につけ方が違います。
短い期間に英会話力を一定の水準にあげるには文法という基礎がしっかりあってこそ可能なのです。


日本の英語教育が文法中心だといっても多くの日本人が高い文法力を持っているかというとそうではありません。
英語文法は学生の時にやったから、現地に行けばまた思い出すだろうと思っておられる方もいらっしゃいますが
本当に自分の英語文法力に自信がありますか?
行く前に自分の英語文法力について知ってみることはとても良いことだと思います。
短い語学留学期間、英語文法の勉強をして基礎固めるだけで終わるなんてことはしたくないですよね。
だけど、基盤がしっかり築けていないと語学留学も失敗に終わります。
だからまず最初に英語の文法という土台固めをしておきましょう。


英語の文法学習を一人で行う場合、参考書はひとつの本にしておきましょう。
その一冊の本を最初から最後まで期間を決めて勉強します。
初級の方なら約2ヶ月。中級以上であれば1ヶ月を目安に勉強すればいいと思います。
本当にまったく英語文法力がないので一人でどう勉強するかもわからない場合には、
英語塾に通って英語の勉強を始めるのもいいと思います。
次に大事になってくるのが英単語と英語のリーディングの学習です。
単語帳に英単語をか書いて片っ端から単語を覚える。これもまったく勉強せずに行くよりはよほど意味があります。
ただ、英文を読んで文章で言葉の意味を理解していく方がやはり効果があります。
英単語をたくさん知っているというのは文章を読むときには意味のあることですが、
英会話の場においてはただ単語だけ知っていても
その言葉を使った表現方法を知っていなければ意味がないのです。


政治に関する英単語を覚えるとき、単語帳に書き出して勉強するよりもアメリカの大統領選挙が日本に与える影響という文章を
読んだほうがずっと語彙力がつくという話もあります。


実は語彙力をあげるには英単語一つ一つと別々に向き合うよりも、
文章の中で捉えるほうがずっと効果的なのです。
文章全体を覚えるように単語を覚えていくとよいでしょう。
英語力が本当にないのに、いきなり文章を読むなんてと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが
恐れずに思いきって挑戦して見てください。
初級でも中級でも英文の解釈という作業に変わりはありません。
分からない英単語は辞書を引き、その文章にあった意味を調べ、文章をひとつひとつ紐解いていきます。
辞書だけで解釈することが難しいということなら英文法の本が有効になります。
英文法の本に意味が分からない部分が決まった表現として説明されていることが多いです。


こうしてすべての文章を理解できたらその英語の文章を覚えてください。
その記事が自分の考えや価値観にあっていたならなおさら文全体を覚えましょう。
記事の内容の話題がもし出たとき自分の意見を英語で話すことにとても役立つからです。

▶その他の英単語の勉強方法............................................................................................................................

1. 単語帳の利用
単語帳を利用してひたすら暗記するという一番スタンダードな方法。
この勉強方法はすべての人にとって悪いというわけではありません。
単純に覚えることが向くタイプの人もいますし、少なからずこういう方法で覚えて行く部分も必要になります。
ただできるだけ英単語のみを書くのではなくその英単語を使った例文も1つでいいので書いておきましょう。


2. 日記をつける
英語で日記をつけてみましょう。難しく書く必要はありません。
今日はこれをして、あれを買って、どこどこにいった。
おもしろおかしく書かなくてもいいのです。
単純にその日の出来事を英語で書いてみましょう。分からない英単語をどんどん辞書で調べましょう。
自分が実際に行っている動作や手にする物品などがいったい英語でどういうのか。
それらを知れば実際に会話の中で使われる英単語を自然と知ることができるのです。
これを1ヶ月続けるだけでもフィリピンに行って基本的な英会話で使用する動詞や名詞の単語が十分頭に入っているでしょう。


3. とっさの一言から学ぶ
よくとっさの一言集という本が発売されていますよね。よく使われる英会話の実例集などを買って
それらによく出てくる英単語だけを覚えても基本的な会話を成立させられるだけの単語力がつきます。

▶出発前には勉強ができない人が多い...............................................................................................................

心理的理由
これはフィリピンだけでなくどの国への留学であってもそうだと思いますが、留学に行くんだという
期待感でなかなか集中して勉強できません。また、どうせ留学に行くのだからという思いが、
今しなくてもいいだろうという安堵感を芽生えさせます。
もちろんフィリピン留学を決めた当初は前もって英語勉強していこうと思っていますが、
そんな思いも数日しか続かないことが多いです。


実質的な時間不足
フィリピンに行くために準備しなければならないことがいろいろあるかと思います。特に長期の人ともなると
準備しなければいけないことや片付けておかなければいけないことがたくさんあるでしょう。
荷物の準備、友達や家族に会っておきたい人もいるでしょうし、仕事を休む、または辞めて行くというような
社会人であれば出発の日までに英語の勉強にさく時間がないでしょう。


以上のように留学に行くことを決めてからではなかなか勉強というものはできません。
もし来年くらいに行ってみようなどと思っている場合には時間の余裕がある今から英語の勉強を始めましょう。

2. フィリピンの語学学校の先生のよさはTOEICや文法の知識力でははかれません。

「私のマンツーマンの先生、今日文法のことで質問したら知らなかった。実力のある先生ではないみたい・・・」
時々こういうクレームがあることがあります。
フィリピンの英語教師はもちろん英語が上手であり、
きちんとした学校の教師なら英語教師としての実力をしっかりもっています。しかし、
高レベルなTOEICの質問や一般人のネイティブでもしらないような文法表現などについて、
TOEICコースの専門の先生やビジネスコースの先生でなければ知らないということがありえます。
英語の知識は十分あるので会話を勉強しにきたというようなTOEIC高得点者が知っていて
先生が知らないということがあるのです。
しかし、それだけでよくない先生と一概に言うことはできません。


英語は確かにフィリピンの公用語です。フィリピンの富裕層などは英語しか使わないなどといった
ことがありますが、一般的には日本と同様に学校で英語を学ぶ国なのです。
ただ、アメリカの植民地支配を長い間受けてきたという歴史的な背景により、日本人より英語に近く
英会話中心で英語教育をたくさん受け、英語を使用しているのです。
そのためフィリピン人の場合、英語の文法を深く勉強したい場合には別に学校に通う必要があります。
また、語学学校において英語の文法知識よりも発音や一般会話を教えるのが上手な先生を選ぶ傾向にあります。


フィリピンは英語のスピーキング力の向上を図るのに最適な場所なのです。
私たちは学生時代、中学・高校の6年間、大学もいれるなら10年間、文法を中心に英語学習をしてきました。
高難易の文法をフィリピンの先生が知らないことがあってもそれだけで自分よりも実力が下ということはないでしょう。
確実に先生のスピーキング力の方が高いはずです。
忘れてはいけないのはフィリピンは英語を話せる力をつけに行くための留学先なのです。

現在の英語力が中級以上の場合には一般ESLだけを運営している学校よりも
TOEICやIETLSなどの英語能力試験対策コースやビジネスコースなどの特別課程の運営を行っている
学校を選択するのがいいでしょう。
数年前からフィリピンの語学学校は基本的なESLマンツーマン授業やESL小規模グループ授業だけでなく
TOEIC、TOEFLコースやIELTSコース、またはビジネス、CNN授業などを開講している学校が増えてきました。
フィリピンには初級の学生が留学することが多い中で中級以上の学生の要望にもこたえらるように
作られたコースです。中にはTOEICコースなどが人気になってきていると言う理由だけで
開講しているだけの学校などもあります。
レベルが高くこういった特別コースに通う方はより慎重に学校を選ぶ必要があるでしょう。

3. フィリピンでの留学中に受けたTOEICの点数は日本でも認められていますか?

フィリピンで受験するTOEIC試験も世界的に公式スコアとして認められるものになります。
ただ、日本の各企業がそのスコアをどう考えるのかには開きがあるようです。
フィリピンという国自体をよく知らない場合にはそのスコアに対して疑いを持つ場合もあるでしょう。
フィリピンでTOEICを受けるということは力試しだというふうに思っておいた方がいいでしょう。


フィリピンの語学留学はTOEIC試験のような大人数で一方的に先生が説明するといった授業形式を進行する英語学習ではなく、
マンツーマンで会話の訓練をすることに意味がある留学地です。
TOEICコースがなくてもオプション授業でTOEIC授業を受けられる学校がほとんどですので
せっかくフィリピンに行くのなら会話に重点を置いて勉強しないとなんだかもったいないのではと正直感じます。
しかし、低価格でマンツーマンTOEIC授業を受けられるのもやはりフィリピン留学の魅力ですね。

▶TOEICのスコアをあげたい...........................................................................................................................

実際に何かの目的で、いつまでにある得点以上のTOEICスコアが必要という場合でない限りは
スコアを意識しすぎるのはかえって英語勉強の集中の妨げになると思います。


フィリピン留学中TOEICなどの模擬テストを受けてテストの結果が悪かったなら、
自分がこれまでやってきたことは意味がなかったことのように思えて意欲を失ってしまう人がいます。
点数が悪くても、よし次はもっと頑張るぞと思う気持ちに繋がるのならいいのですが、
多くの人の場合英語への熱意低下を引き起こします。
また点数がよかった場合でもTOEICの勉強だけに集中しすぎてしまうということになりかねません。
TOEICのスコアだけを目標に留学を決めたならそれももちろん悪いことではないのですが、
偏った勉強の仕方は偏った英語につながります。
TOEICは英語の実力を測るためのひとつの指標です。
TOEICのよい点数がとれるためだけの勉強をしてもすべての部分での英語レベルの向上にはつながりません。
TOEICスコアが高得点でも実際に英語でコミュニケーションをはかれるわけではありません。
なれない状況で受ける試験でうまく結果が出せないこともあるでしょう。
スコアは気にしすぎず、ストレスのないフィリピン留学生活を送っていただきたいと思います。

ほとんどの語学学校のオプション授業にTOEICが準備されています。
スピーキングを伸ばしながらもTOEICの勉強もされたい方は
オプション授業でTOEICを選択してください。
1日に1時間であったとしてもそれを毎日繰り返せばTOEICの
スコアアップに繋がります。

4. フィリピンの語学学校 はスピーキング以外だって学習 できる

フィリピン英語留学において一番効果が見られ、目的に役立つのはやはり会話力“スピーキング”です。

▶Writing.......................................................................................................................................................

ライティングの学習で高い効果があるのは英語日記の作成です。
英語日記を書くことで、単語力を伸ばすだけでなく実際の英会話で使える文法もたくさん学ぶことができます。
一般の文法学習といえば、先に文法を習い、それをどういうときに使うかなどを習います。
また、単純に覚えて試験に対応できるように仕組みを学習します。
しかし、英語日記を書くように、先に言いたいことを書き、それに合わせてどういう文法を使えるかということを学ぶことで、
単語同様に英語の自然な表現力というものになっていくのです。


この効果的な英語の学習方法は、自分ひとりでやっていたのではなかなか意味がありません。
書いた日記を見て、この英語の使い方は間違っている、
これはこういうふうに表現したほうが自然だ。 そういったアドバイスをしてくれる人がいてこそ英語力が伸びていくのです。
もしそんな人がいたとしても毎日毎日確認してもらうことは難しいはずです。
フィリピンの語学学校なら、マンツーマン授業が中心なのでそれが可能なのです。
マンツーマン授業はスピーキングだけでなくライティングにも効果があるといえます。

▶Reading.....................................................................................................................................................

フィリピンの英語留学で一番魅力的なのはやはりスピーキングですがそれと同じくらいに
英語能力の向上を望めるのがリーディングです。
リーディングの授業では、与えられた文章を読んでその後の質問について自分の考えを述べます。
1ページほどの内容を読み、講師と意見を交わしあううちに、
文章内容の捉え方、質問内容への答え方をつかめるようになります。
また、これは講師ごとによって授業スタイルが異なりますので、一概には言えませんが
文章を読ませて発音の矯正をしたり、ブレスのタイミング、抑揚のつけ方などについての練習もできます。

ほとんどのフィリピンの語学学校では、
英語中級以上の学生のために、IELTS課程、 ビジネス、TOEIC/TOEFL/CNNニュース クラスなどを運営しています。
自分のレベル と目的に合わせて、スペシャル授業の 申請もしてみましょう~

5. フィリピン人講師の発音速度によって起こる錯覚

フィリピン留学で心配になることがフィリピン人の先生の英語の発音についてです。
確かにフィリピンのすべての語学学校の講師の訛りの心配がないわけではありません。
しかし、正常な運営がなされていて、ある程度の認知度がある学校、また学校自体きちんとした
採用基準を守り、また職員教育管理を行っているならばそんなに心配はいりません。
実はそれよりも気をつけておかなければいけないことがフィリピン人講師の英語の速度です。
フィリピン人の講師の英語に慣れてしまうと自分の聞き取り力の伸びについての判断を誤ってしまうことがあります。
あまり知られてはいませんが、フィリピン語学留学中の学生たちがよく陥りやすい部分です。


フィリピンの語学学校に留学した人たちの多くが講師たちの言葉全部が聞き取れると言います。
実際に英語力が初級の人であってもフィリピンに行けば、おそらく講師の言葉が耳にすっと入ってくるでしょう。
これはフィリピンの語学学校の先生たちが英語初級の学生のレベルに合わせた速度で話しているからです。
留学をはじめたばかりの英語初級者であればこのゆっくりした速度は最適な話し方でしょう。
しかし、ビジネスコースやTESOLコースの上級者コースなどでなければ、
この最初の速度で継続して話す傾向がフィリピンの英語講師にはあります。
このため学生は自分のリスニング力がすごく上がったように錯覚してしまうことがあります。
初級の学生を多く教えているためかどうしても速度がゆっくりになってしまうようで
話す速度を早くしてほしいと言っても気づけばもとの速度になっていたり・・・。
私たちも日本語にまだ慣れていない外国人の人と話をすれば
自分でも無意識のうちに会話速度がゆっくりになってしまうものです。


フィリピン語学留学でも、もちろんリスニングのレベルは上がります。
ただ他の英語圏での留学よりも劣る部分があるのは否定できません。
他の英語圏はグループ授業などが主であり、講師の話を一方的に聞く時間も長く、
もし講師の話す速度がすごくゆっくりであるとしても学校の外に出れば実際の英語環境が広がっています。
フィリピン人講師の英語が初級者向けの会話速度であることを意識し、
必要であれば完全には補えませんが 英語のドラマや映画をみるといった方法もあります。

6. フィリピンに持って行く参考書は最小限に

人によって勉強スタイルはことなりますので絶対とはいえませんが
フィリピンに留学に行くときにたくさんの本を持っていく必要はありません。
たくさんあるとかえって勉強の邪魔になってしまうことになります。


フィリピンへは文法の本、シーン別実践英語会話集などをもっていくことはとても有効です。
持っていった文法の本をフィリピンで一から順番に学習していくのではなく辞書のように
よく分からない文法などが出てきた際にどういった文法なのかを調べるために使ってください。
会話集はフィリピン留学をはじめたばかりのときに役に立ちます。
勉強のためというよりも旅行や買い物、病院やホテルなどまだまだ英語に不慣れな時期に
普段の生活においてすぐに参考にできます。


フィリピンの語学学校では、1日に4~8人の先生と6~8時間ほど英語の勉強をします。
授業ごとに教材があり、レベルが上がればどんどん増えていきます。
毎日の授業、そして予習、復習をこなしていれば他の参考書に取り組む時間はありません。
自分では2冊程度持っていき、色々な本に振り回されることなく、その本を根気よく学習してみるといいと思います。
1冊の本を完璧に終わらせた後には自分でも感じるほど英語力の伸びを感じるでしょう。


また、英会話集をもって行くことに加えてフィリピンで自分だけの英会話集を作りましょう。
授業中に講師が使えそうなフレーズを教えてくれたときは書き出してほしいと頼みます。
そして、それらをノートに自分なりにまとめて会話集を作るのです。
マンツーマンの授業の中で出てきたフレーズというのはとても頭に入りやすいです。
購入した会話集を覚えていくことももちろんいいことですが、受動的な学習方法よりも
自分の必要性からうまれた能動的に作った文章を覚える方が記憶に残り、 うまく活用できるものです。


7. フィリピン人の講師が遅刻や欠席をするわけとは

これはフィリピンの語学学校での問題のひとつです。
“郷に入っては郷に従え”という言葉がありますが、違う国にいくときはその国の文化や社会について
理解しておく必要があると思います。
また最初からこういった違いを理解しておくことで余計なストレスを受けるのを防げます。


フィリピンは朝の6時から交通渋滞が始まります。普通小中学生は家を5時半頃に出かけます。
6時半ごろには社会人の通勤もはじまります。
とても早い時間から家を出ると思いますよね。
ではなぜフィリピンでは講師の遅刻が問題になるのか。
フィリピンでは時間の余裕をみて家を出かけても遅刻してしまうことが多くあります。
日本ではいくら車が混んだとしても普段の状況などからこの時間に出れば間に合うというのが予測できます。
フィリピン人の運転は割り込みをするのが普通です。
左折や右折の際にも車線を無視することもよくあります。
日本では交通事故が起こったとき現場保存処理さえすめば
交通の妨げにならないようにできるだけ早く車両が通れるようにします。
しかし、フィリピンでは事故が解決するまでそのままにされ、たとえば4車線の場合、事故が起これば2車線になります。
警察がきても特に処理はせず、むしろ警察がくるとさらに道が混みます。


フィリピンではこういった交通事情のため約束時間に遅れることが頻繁にあります。
そのため、フィリピンの人との約束に約束から30~40分遅れても
Sorry, Traffic!といえば理解してくれ、逆になぜ遅れたのかたずねれば、
Sorry, Traffic!と返されるでしょう。


そしてフィリピンは雨が降ると排水溝から水があふれ浸水することがあります。
雨季(6~9月)には台風も多く雨がたくさん降るので浸水頻度も多くなります。


また、家族を大事にするフィリピン人は家庭の事情で仕事を休むことは普通のことです。
自分の子供の誕生日などもパーティーの準備をするために仕事を休むことは普通のことです。


フィリピンで語学学校に通う留学生が、講師の遅刻や欠席について書いていることをみかけると思います。
これは語学学校の問題ではなくフィリピンという国全体の問題ですので、
留学生はもう少し前もっての理解をしておくべきと思われます。
しかし、こういった講師の管理を徹底し、欠席率・遅刻率の管理を厳しく行っている学校もあります。

 
Today:
554
Yesterday:
812
Total:
558,110
 
東京本社 : 東京都新宿区高田馬場1-25-32 108ビル 5F / TEL: 03-6302-1412
マニラセンター : Antel Seaview Tower A-1002, 2626 Roxas Boulevard, Pasay City / TEL: 63-977-811-8939
セブセンター : 402/403, Second bldg, Tancor Residential Suits, Cebu City / TEL: 63-917-632-4150
バギオセンター : Suite1 8F, West Burnham Place, #16 Kisad Rd, Baguio City / TEL: 63-915-769-7575
イロイロセンター : 5th, Unit1 Saulling Building, Jalandoni St. Jaro.Iloilo City / TEL: 63-977-811-9297
ボラカイセンター : Angol Road, Brgy. Manoc Manoc, Boracay / TEL : 63-917-632-4150
オーストラリア : 55-65 Poolwood Rd Kewarra Beach QLD 4879 Australia / TEL: 61-7-4038-2528