なぜフィリピン留学?
フィルジャと一緒に
フィリピン留学!!
留学準備のノウハウ
地域選択のノウハウ
語学学校選択の
ノウハウ
フィリピン留学を成功
させるためのノウハウ
フィリピン生活の
ノウハウ
よくある質問
 
夜のオプションクラス☆
明日からフィリピンは4連休です 9月から始ま...
フィルジャと一緒なら
フィリピン留学準備が
1週間で終わる!!
フィルジャラウンジ
ラウンジの全て五感満足
プレミアムラウンジ
フィルジャポイント200%活用法
 
地域選択のノウハウ

フィリピン語学留学に行きたい!でも、地域の選択をすることすら途方に暮れていませんか?
フィルジャならそんなお客さまを100%サポート!
フィリピンの地域を選択する際は、自分の性格、ライフスタイルなど
しっかり重点において考えなければいけません。
お客さまが最もご心配される部分、自分にはどの地域が合っているのか?
そして、フィリピンの公害汚染、治安など...
フィリピン留学のプロ フィルジャにお任せください!

1. フィリピン語学留学 自分に合った地域って?留学地域を賢く選ぼう!

フィリピン留学において語学学校の選択方法は人によっていろいろ変わってくると思います。
フィリピン留学に行くときめて一番悩むのがどの地域に行ってどの語学学校に入学するかという点です。
フィリピン留学の目的は一人一人異なり、留学時期や期間、本人の英語力や好みで計画を立てなければいけません。
このような具体的な基準に合わせて、自分に最も重要な部分に当てはまる地域と
フィリピンの語学学校を選択する必要があります。

フィリピン留学で、自分に最も合っている地域はどこか見てみましょう!!

フィリピンは7,000以上もの島が集まってできた国です。
しかし、語学留学地として行く地域は限られており、
マニラ、バギオ、セブ、イロイロ、ダバオ、バコロド、その他マニラ近郊の7~8つの地域しかありません。

▶マニラ地域

マニラの一番大きな長所はやはり首都であるということです。マニラ地域はいくつかの市が連続しており
メトロマニラを形成しています。その中にはケソン市、マカティ市、パシッグ市、マニラ市などが入っています。

首都であるだけにフィリピン文化施設や交通施設などを利用するのにも便利で楽しめます。
また人材も揃っているので講師陣の教育水準が高く実力のある講師が多くなります。

しかし都市の規模が大きいだけに人口も多く、交通渋滞、生活費の上昇、
公害問題などのさまざまな問題があるというのもまた事実です。
日本人の居住者も多く日本食などをはじめとした日本的なものにも簡単に触れることができるというのが利点でもあり
その反面、他の地域よりも支出が増えるということではデメリットともいえます。



マニラは他都市よりも語学学校以外の場での英語環境が多様です。
そのため外交的で積極的な性格で活動的な人には最適な地域です。
大都市での留学をご希望の場合にはマニラがお勧めです。

▶マニラ近郊

スービック、クラーク、アンヘレス、タガイタイ

フィリピンの語学学校がたくさん発展するなかでマニラ近郊にも良い学校ができ始めました。
代表的な地域はスービック、クラーク、ダスマ、タガイタイでマニラから車で2~3時間以内の距離に位置しています。
静かな環境を求めるけれど、マニラからさらに国内線に乗り換えていくのは大変なので避けたいという方に適しています。
しかし、語学学校の数はさほど多くなく、また周辺環境に不便さを感じるのも事実です。

スービックはアメリカが100年の間、太平洋市域安保のためにアメリカ海軍の軍事基地が置かれていたところです。
現在はスービック経済特別区としてマリンスポーツや観光地として発展しており国際的な認知度も高いところです。
マニラ空港から3時間くらいの距離にあります。

クラークとアンヘレスは地理的に非常に近いところです。マニラから2時間ほどの場所になります。
アメリカ空軍の基地がありゴルフ観光の場所として知られています。
そのためクラーク空港は周りの多くのアジア諸国の空港と連結しています。

直行便があるのでマニラがいいけれどマニラよりも静かで
空気の悪くないところを望まれる方にお勧めなのかマニラ近郊の語学学校です。
マニラ空港からの距離も7~8時間かかるバギオを除いてはどこもそんなに遠くはなく
国内線に乗り換える必要のない地域です。
しかし、学校の数が少ないので選択の幅がとても狭くなります。

▶セブ地域

セブも飛行機の便が便利な地域です。何よりもフィリピンの語学学校が一番多いのがこのセブという地域です。
フィリピンの留学先として一番選ばれている人気の地域です。
他の地域と比べてもカリキュラムや施設の水準が高いです。
セブの大きな特徴は世界的に知られたリゾート地、観光地として色々なマリンスポーツが楽しめるところや、
旅行地域が多いということです。
そんなに大きな都市ではないにもかかわらずフィリピン英語留学のもっとも盛んな地域であり、
観光や旅行以外にも周辺に便利な施設や文化施設が多く広がっており
留学生活を送るのに最適な場所になっています。

セブはマリンスポーツなどアクティブに活動するのにとても適した環境です。
またスパルタ・セミスパルタ・一般、寮や施設のよさ、TOEICやIELTSなどの試験対策課程、

マンツーマン授業が豊富なコース、グループ授業の内容に対する選択肢の幅の広さなどなど、
望む条件がいくつかあってもそれらを満たすことができる地域です。

▶バギオ地域

バギオは標高のとても高い地域に位置しています。都市の規模は小さく、高山地帯に位置しているため気候も涼しい環境です。
そして遊興施設も発達しておらず静かな学習環境として考えたときにはとても最適な地域です。

バギオへ行くにはマニラ空港から車で7時間から8時間ほど行かなければなりません。
しかも高度が高い地域ですので交通の便もあまりよくありません。
また周辺の施設環境や文化施設もあまり揃っておらず、単調な雰囲気があるところがつまらなさを感じさせるかもしれません。


こういう環境であるためスパルタ式の学校が一番最初にできたのがこのバギオという地域です。
現在でもバギオにある語学学校の多くがスパルタ式の学校です。
まわりに勉強を妨げる誘惑がないため、本当に落ち着いて勉強に専念したい人にはうってつけの地域です。

▶ダバオ地域

ダバオはフィリピンの一番南に位置するミンダナオ島にある地域です。
物価の低いフィリピンの中でもさらに低い地域です。他の地域と違って山と海が共存しているため
この地域ならではのアクティビティなども楽しめます。

部屋の中ではエアコンをかけずに窓を開けておいてもいいほどに空気がきれいで治安もよい都市です。
フィリピンの都市とては異例的に喫煙が制限されているところでもあります。
喫煙は指定された場所でしかおこなえません。そのため副流煙などの心配も全くいりません。

あまり知られた地域ではないので外国人の数も少なく、
マニラから国内線の飛行機に乗って1時間半ほど移動しなければなりません。

ダバオは地震と台風の被害をうけません。
マニラの典型的な雨季と乾季がありません。
1年を通して25度を維持しています。
また、他の地域に比べて湿度も低く快適です。
空気がおいしく周辺環境のきれいなところで留学をされてい方に適した地域です。

▶イロイロ地域

イロイロは大きな都市ではありませんが、大学が多い教育都市として知られているところです。
また、静かで生活費をあまりかけずに住むことができる環境です。
リゾート地として有名なボラカイまで車で移動できるというところもポイントです。
しかし、やはり小規模な都市であるため語学学校も小さく、セブなどの学校のように
多額の資金を投入して作られたような学校がなく、施設も充実しておらず少々見劣りします。
そしてイロイロへ行く国際線はないので必ずマニラから国内線に乗り換えなくてはいけないという点があります。

▶バコロド地域

イロイロとセブの中間に位置する島にある都市です。
イロイロよりは少し発展しておりセブほど複雑ではない地域です。
そうは言ってもそんなに大きな都市ではなく、語学学校ができた歴史も浅く選択の幅が狭くなります。
バコロドに入る国際線はありません。マニラから国内線に乗り換えて行かなければなりません。

2. フィリピンって都市に行くほど公害汚染がひどいって聞いたけど大丈夫?

フィリピンの公害状況を気にされる方は多くいらっしゃるかと思います。
実際の学生たちの感想としては自分が実際にあった経験などでその感じ方が違うため
意見がまちまちであり、逆に参考にしようとすると混乱する部分が出てきます。
また、同じ地域に住んだとしてもどの都市に住んだかによって変わってきます。


公害問題が一番言われるマニラ地域ですがマカティ市などは他の地域よりもむしろ空気がきれいです。
フィリピン市民の足であるジプニー 。これが道路公害などの大きな原因といわれていますが
マカティ市にはジプニーが走らない地域があります。そのためか公害被害も多くありません。
そして小都市といわれるイロイロなどは空気が良いように思いますが実際にはそんなに良くはありません。
イロイロの交通整理をする警察も常にマスクをしています。リゾートで有名なセブもダウンタウンの空気は綺麗とは言えません。
リゾート施設が連なるマクタンやシティ郊外の地域はきれいですがリゾート地というだけでセブの全地域が
空気のきれいな環境であると考えないようにしましょう。

フィリピンには中・上流階級の人たちが暮らすビレッジといわれる住宅地があります。
都市を問わず大きな道路から離れた所にあるためビレッジは空気がきれいです。
空気がきれいなのでジョギングや屋外でのパーティなども楽しめます。
フィリピンのどの地域でも交通量の多い道路の周辺は公害問題も深刻になります。


フィリピンの語学留学というのは普通3ヶ月以内の短期なものが多いため、地域の変更ということが多くありません。
そのため、学生が客観的にフィリピンの各地域の公害問題を比較するのは難しいといえます。
学生はフィリピンの他の都市ではなく日本との状況の違いを比較します。
そうすると日本人にとってはほとんどの地域に公害問題があることになります。
ですから、フィリピンの語学留学の地域を選択するとき公害という面を重要に考える必要はまったくありません。

3. フィリピンの治安が心配...実際のところって?

フィリピンの治安問題についても心配される方は多いです。
フィリピンのスリやひったくりの話を誰かから聞いたことがある人は治安の悪い国だと思われるでしょう。
実際のところフィリピンの治安が日本より悪いのは事実のことです。
だからといってそんなに危険な国というわけではありません。


確かに留学生の中にもスリなどの被害にあう人はいます。
本当に運が悪くてということもありますが結局のところは自分自身の不注意が原因となっていることが多いのです。


できる限り一人では出歩かない、危険だといわれる地域には行かない、常に警戒心を持つ、
夜の外出は必ず何人かの人と一緒に行く。


多くの人がフィリピンを危険な国だと考えるのはマスメディアなどの影響もあると思います。
しかし、フィリピンに滞在している学生たちに、フィリピンでテロなど命の危険を感じるようなことがあるかと
尋ねれば、きっと笑われるはずです。もちろんフィリピンの中に特に危険な地域というのはあります。
しかし、各地域のどこも安全性は平均的で、差が無いといえます。


フィリピンに滞在している間、私たちは外国人なのです。
基本的に自分のことは自分で守れるように注意しておかなければなりません。
そして、そんなふうに意識し行動すれば危ない目に合うことはありません。

▶スリの被害者はいつだって外国人

スリというのはどの国にもいます。そしてそのターゲットになるのはいつでも外国人です。
ヨーロッパの観光地でもスリには気をつけますよね。
でもなぜか多くの人がヨーロッパは安全だというイメージを持っていますよね。
しかし、実際のところヨーロッパの方がスリの危険性は高いんです。


スリの被害に合わないためのポイント!財布だけをもって出歩かない。
後ろ側のポケットにお金は入れずに前側のポケットだけに入れるようにしましょう。
ジプニーには留学生はできるだけ乗らないでください。

▶フィリピンではどこに行っても警備員がいる

フィリピンに初めて訪れた人たちはよく"フィリピンには色んなお店ごとに警察がいるね”といいます。
しかしこの人たちは警察ではありません、警備員です。
日本とは違い警備員が銃を所持しているんです。
フィリピンのお店や商店には必ず警備員がいます。
ショッピングモールはもちろんのことファーストフードやコンビニにもいる場合があります。
ビルやビレッジの前については言うまでもないことです。
こういったところを出入りするときには警備員がボディチェックをおこなったりかばんの中身をチェックします。
並ぶのも面倒ですしかばんの中のものを見られるのは不快な気分になるものかもしれませんが
こういったセキュリティチェックをしているから危険を防止できているとお考えください。

▶フィリピンでは銃の購入が自由にできるが、その価格は・・・

フィリピンでは銃の購入が自由に認められています。
しかし、フィリピンで銃を買うと普通20万円ほどします。
現地のフィリピン人からすれば大変高価な金額です。
一般市民が何年もかけてお金をためて、やっと買うことのできる値段です。
フィリピンは確かに銃の購入が認められていますがすべての道行く人たちが携帯しているわけでなないのです。

 
Today:
551
Yesterday:
756
Total:
529,811
 
東京本社 : 東京都新宿区高田馬場1-25-32 108ビル 5F / TEL: 03-6302-1412
マニラセンター : Antel Seaview Tower A-1002, 2626 Roxas Boulevard, Pasay City / TEL: 63-977-811-8939
セブセンター : 402/403, Second bldg, Tancor Residential Suits, Cebu City / TEL: 63-917-632-4150
バギオセンター : Suite1 8F, West Burnham Place, #16 Kisad Rd, Baguio City / TEL: 63-915-769-7575
イロイロセンター : 5th, Unit1 Saulling Building, Jalandoni St. Jaro.Iloilo City / TEL: 63-977-811-9297
ボラカイセンター : Angol Road, Brgy. Manoc Manoc, Boracay / TEL : 63-917-632-4150
オーストラリア : 55-65 Poolwood Rd Kewarra Beach QLD 4879 Australia / TEL: 61-7-4038-2528